現金無い時はカードで精算

布団に潜るカップル

クレジットカードを持っていれば、ラブホテル利用精算時に助かるケースがあります。
時間延長をする事もラブホテルでは珍しくはありませんから、場合によっては手持ち現金が料金に届かなくて困ってしまう事もあるでしょう。
そんな時に男性の場合、パートナー女性からお金を補填してもらうのはちょっと恥ずかしい事です。
せっかくいい気分で楽しんだ後ですから、ムードを壊さないスマートな精算をする意味でもクレジットカードを携帯しておくのをオススメしておきます。
多くのラブホテルでクジットカード精算を受け付けていますので、延長やルームサービスなど予想以上の追加料金が発生した時は、手持ち現金が無い場合に限りクレジット精算を活用してみて下さい。
少し手数料が加算されますがそこまで高くはありませんし、ムードと名誉を守るためなら安い金額だと言えるでしょう。
ラブホテルそれぞれで対応しているクレジットカードが決まっていますので、念のため自分のカードが支払い可能かどうかを利用前に調べておくと良いでしょう。
ラブホテルは現金払いが基本なのですが、このように不足の事態に対応できるクレジットカード精算というのも知っておきたい知識です。
楽しい男女の思い出を、現金が足りなくて格好悪い終わり方へ変えてしまわないよう、いざという時の奥の手としてクレジットカード携帯を推奨しておきます。
対応できるラブホテルを絞って、自由に伸び伸びと延長や追加サービスを注文していく一助として活用しましょう。